犬・猫の食物アレルギーについて

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

食物アレルギー 食物アレルギー
食物に含まれる成分を摂取することで、免疫過剰反応を起こしアレルギーを発症します。
症状
激しいかゆみ(お腹・腰等)発疹・脱毛が特徴で、その他発熱・下痢・嘔吐も見られます。
原因
犬や猫が肉・卵・牛乳・添加物等の食物や、特定の食物(そば・小麦粉等)を食べた時に体が敏感にアレルギー反応をする事が原因です。猫の場合は大半が牛肉・乳製品・小麦が原因の食物アレルギーと言われます。
治療法等
食物アレルギーの治療法は食事を変更(低アレルギー食等)して症状を観察し、食物アレルギーだという診断を確定する事が必要です。食事変更によって早くかゆみが消失しますが、一部ではかなり長くかかって痒みが消失する場合もあるので、痒みが消えるまで2ヶ月〜3ヶ月は観察する必要がある様です。
さらに以前に与えていた食事を再開して、早くにかゆみや症状が再発すれば因果関係が明らかになります。低アレルギー食の期間中、食事は家庭調理の食事と水だけで行い、次に1種類ずつ新しい食品を加えていく事で、かゆみや症状が出ない等のアレルギー反応を起こす成分を含まない食品やフードを探し出すことが可能になります。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ