犬・猫のアレルギー性気管支炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

アレルギー性気管支炎 アレルギー性気管支炎
アレルギー性気管支炎とは、様々なアレルゲンの攻撃を緩和させるための反応として認められる炎症、又は副腎皮質ホルモン療法に反応する好酸球性の炎症を持つ気管支炎を言います。
症状
一般に発作性の乾性咳があり、頸部の伸張姿勢を示す事もあります。激しい運動や胸部の圧迫により咳が出たりする事もあります。中度の症例では喘鳴が起こり、さらに激しい場合には発作性の呼吸困難やチアノーゼが見られる事もあり、この場合、発作前から除々に咳がひどくなるという傾向がみられる様です。
原因
アレルギー性気管支炎の原因の可能性として壁紙等の物質や埃・かび・花粉・煙草の煙・スプレー等が挙げられています。
治療法等
身体検査(とくに胸部の聴診が重要)、血液検査、レントゲン検査などにより症状の程度を把握し、その次に原因を調べるために、ウイルス検査・細菌培養検査・気管内分泌物の検査などが行われる様です。アレルギー性気管支炎の治療は、基本的に抗生物質、鎮咳剤(咳止め)、抗炎症剤などの内科療法を行う様です。細菌感染がある場合は抗生物質、アレルギーのある場合は抗アレルギー剤なども投与し、吸入器を使った吸入療法で薬剤を鼻から直接気管や気管支に入れる方法もある様です。慢性疾患なので完治は難しいと考えられますが、症状のコントロール(咳などの頻度)はでき、根気が必要な疾病な為、 完治率は低いと言われます。ワクチンで予防可能なので、定期的に接種することが重要で、他ペットの周囲から埃・花粉・たばこの煙・スプレー・薬品などの除去に勤め、 室内飼いの場合には加湿器等によって部屋の湿度・温度を管理する事が良い様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ