犬・猫の膿胸について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

膿胸 膿胸
膿胸は胸腔内に膿がたまる病気です。
症状
元気がなくなり、食欲不振・発熱が起こり、呼吸が速くなり苦しそうにする仕草が膿胸の症状で見られます。
原因
外傷からの細菌感染や他の呼吸器の感染に続いておこるとも言われています。
治療法等
一般身体検査と血液検査とレントゲン検査が行われ、胸に溜まった液体の種類を調べる為、試験的に胸腔穿刺を行う様です。黄色い膿が採取されれば、確実とされています。 膿胸の治療は安静にして、酸素吸入を始め、状態の安定を待ち、数日間、胸腔に溜まった膿を取り出し胸腔を洗浄・抗生物質投与などを行う様です。併発症がなければ治ると言われ膿胸の完治率は75%以上と言われています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ