犬・猫の扁桃炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

扁桃炎 扁桃炎
扁桃は咽喉頭部に位置する中枢リンパ組織で、リンパ小節の集合体からなります。口と鼻から侵入する細菌を防御する働きを持っています。扁桃炎は主にレンサ球菌・ブドウ球菌・肺炎菌によって起こる扁桃の炎症ですが、咽頭炎と併発する場合が多く見られます。
症状
扁桃腺炎の症状は扁桃の発赤、発熱・咽頭部の圧痛・嚥下困難・元気消失・食欲不振・咳嗽などが見られます。
原因
骨や針など異物の刺入が原因することもありますが、通常は二次性の扁桃炎が多く慢性鼻炎や他の吸器感染又は慢性の嘔吐や咳嗽といった他の疾患により
併発します。一次性の扁桃炎は若い年齢に多く、これは咽頭の防御機構が正常に発達していることを意味します。
治療法等
扁桃腺炎の治療は消炎剤や抗生物質の投与により治療するようです。
消化しやすい食事を与える事が良いと言われます。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ