犬や猫の毛包虫症の皮膚病にペット用サプリメントをご紹介


毛包虫症・ニキビダニ

毛包虫症 ニキビダニ症とも言われます。ニキビダニは、動物の毛包内(毛穴)に生息しています
が、このダニが異常繁殖し発症します。生後1年以内の子犬や子猫に多く見られて
います。テリア犬種や短毛種に多く発症する傾向があるようです。
症状 口や目などの皮脂腺が多く存在する周囲が赤く腫れたり、局部的又は全身に脱毛
が見られます。毛包虫症が進行・悪化すると、脱毛部分が黒ずみ、ニキビのような
膿が出たり皮膚がただれたりします。
原因 毛穴にダニが寄生する事が原因です。生後1年以内の子犬や子猫が母体から
感染することが多く高齢になると、免疫力の低下やホルモンバランスの乱れが
原因発症することもあります。
治療法等 毛包内に生殖するダニなので、非常に検出が難しい場合もあり、色々な方法で、
ニキビダニを探します。ダニを殺すため、殺ダニ剤による薬浴や殺ダニ剤の塗布
・抗生物質の投与・免疫賦活剤の投与などが主に行われます。このダニを完全に
駆除することは難しく、自身に問題がある事が多い為、完治率10%未満と
言われるほど低く、治療は長期となる場合が多い様です。どこにでも生息する
ダニなので完全な予防は難しい為、普段からの免疫活性が重要視されています。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法