犬・猫の薬物の肝臓病について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

薬物の肝臓病 薬物の肝臓病
薬物を治療の目的に使用する場合、その薬物の主作用のほかに通常いくつかの副作用が現れます。経口的に投与された薬物は胃や腸管から吸収された後、門脈を経て肝臓に到達します。薬物が肝臓組織に対し毒性を有する場合、肝臓で代謝された後、毒性がある場合に肝障害を引き起こすことがあります。
肝臓の組織の再生能力は非常に高く、薬物による障害に対しても機能を損なわない様に働いています。大きな機能を持つ肝臓が障害され、症状が現れた時には肝臓病は、かなり進行した状態にあると言われています。副作用を抑えるには、どんな薬物でも推奨される用量の投薬であっても長時間の服用は注意が必要と言われます。飼い主が投薬する場合は過誤による場合が少なくないとも言われます。薬物による肝臓病は無症状のものから急性の肝炎に至るものまで多様です。一般に急性の肝機能障害は細胞障害(変性壊死・脂肪症)か胆汁分泌障害があり、慢性の肝機能障害では脂肪化、線維化、肝硬変などがあります。
治療法等
薬物による副作用で肝臓が悪くなった場合の治療は、薬物投与を中止し体調や肝機能の数値を検査し様子を見るようです。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ