犬や猫の薬物の副作用や長期投薬による肝臓病にペット用サプリメントをご紹介


薬物の肝臓病

薬物の肝臓病 薬物を治療の目的に使用する場合、その薬物の主作用のほかに通常いくつかの
副作用が現れます。経口的に投与された薬物は胃や腸管から吸収された後、
門脈を経て肝臓に到達します。薬物が肝臓組織に対し毒性を有する場合、肝臓で
代謝された後、毒性がある場合に肝障害を引き起こすことがあります。肝臓の組織
の再生能力は非常に高く、薬物による障害に対しても機能を損なわない様に働い
ています。大きな機能を持つ肝臓が障害され、症状が現れた時には肝臓病は、
かなり進行した状態にあると言われています。副作用を抑えるには、どんな薬物
でも推奨される用量の投薬であっても長時間の服用は注意が必要と言われます。
飼い主が投薬する場合は過誤による場合が少なくないとも言われます。薬物に
よる肝臓病は無症状のものから急性の肝炎に至るものまで多様です。一般に
急性の肝機能障害は細胞障害(変性壊死・脂肪症)か胆汁分泌障害があり、
慢性の肝機能障害では脂肪化、線維化、肝硬変などがあります。
治療法等 薬物による副作用で肝臓が悪くなった場合の治療は、薬物投与を中止し
体調や肝機能の数値を検査し様子を見るようです。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法