犬・猫の尿道炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

尿道炎 尿道炎
尿道炎は尿の通り道が炎症を起こす病気です。痛みを伴う排尿困難や頻尿などの症状は膀胱炎と似ています。
症状
尿道炎は血尿が排尿の最初に見られ、膀胱炎では尿全体、又は、尿の終わりごろに認められます。尿道に違和感が感じる為、オスは陰茎、メスは外陰部を舐める仕草をします。慢性の尿道炎が長く続くと炎症のために尿道壁が硬くなり、内壁が狭くなるために詰まってしまい、その結果尿閉を起こす事もあります。
原因
膀胱炎と似て、細菌感染が多いですが、その他腫瘍の発生や尿道結石なども原因に挙げられています。
治療法等
尿検査などにより細菌感染の有無や、尿の状態を検査したり、レントゲン検査や血液検査、細菌培養検査などの詳しい検査が必要な場合もある様です。尿道炎の治療は感染に関しては抗生物質や消炎剤などの内科療法が行われたり、原因を除去したり対処療法を行う様です。各種原因に対して適切に処置を行えば問題なく治すことができ完治率は95%以上と言われています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ