犬猫のサプリメント



 アドバイス量より多く与えても問題ないですか?多く与えた方が体に良いのですか?
 体調によって食事や飲む水にムラがあり、残すのでアドバイス量より少ない日があるけど大丈夫ですか?
 自力で飲食ができない(寝たきり)状態ですが、どういう与え方が良いですか?
 味に敏感な子なので何か良い与え方はないですか?どんな物に混ぜたら良いですか?
 1回で与える方が良いですか?それとも分けて与える方が良いですか?
 水に混ぜた場合と、直接スポイトで与えた時の作用は変わりますか?
 混ぜた時の水はどれ位そのまま飲めますか?水を残してしまいます。
 薬や他のサプリと併用しても良いですか?
 多頭飼いなので病気の子だけでなく健康な子も飲んでいますが大丈夫ですか?
 何が体に良いのですか?続けた方が良いですか?
 重い病態でも良くなりますか?
ドバイス量より多く与えても問題ないですか?多く与えた方が体に良いのですか?
多く与えても問題ありません。天然素材の無添加サプリメントなので、副作用の心配など無く、
多い量を与えても体に害などは一切ありません。しっかり吸収された後の余分な成分は排出されます。
稀に便が軟らかくなるペットもいますので、例えば1日10tを15tに増やす場合は、
便の様子を観察してください。体調が不安定な時に、1日の量を多く与えた方が
体調が安定したという場合も多くありますので、状態に合わせ調節することができます。
   
調によって食事や飲む水にムラがあり、残すのでアドバイス量より少ない日があるけど大丈夫ですか?
少量でも毎日摂取できれば大丈夫です。
サプリメントを摂取する上で一番大切な事は毎日続けることです。
サプリメントは体本来の力を引き出すように少しずつ働きかけるものになりますので、
食欲が無かったり、お水をあまり飲まなかったりしてアドバイス量を与えられなくても、
ペットに無理がないように様子を見ながら毎日しっかり与えてあげてください。
お水を残す場合は、給水皿に水をたっぷり入れて、1日どれ位減るか把握しましょう。
それによって残さない量を把握すると同時に、少なすぎる飲水量の場合は、出来る限り
水分を補給をしなければいけません。水は、より多く飲んだ方が体の代謝も活発になります。
液体タイプなので、少量でも水分補給にも役立つ為、
自力で水を飲むことが困難なペットには、原液のまま直接与えてあげましょう。
水分不足は体によくありませんので、水分摂取量を把握することは健康管理上とても大切です。
食べ方にムラがある場合は、食欲減退だけでなく運動不足のせいもあります。
猫の場合はタテ方向の遊びが運動になります。ひも付きのおもちゃを釣り上げて遊ばせたりします。
犬の場合はほどよい歩行や手足を動かしてあげることも良いでしょう。
食べない(食いつきが悪い)ドライフードも小さく割って与えると食べる場合もあり、消化も良くなります。
※食欲を増す為のトッピング例などこちらに記載





    
力で飲食ができない(寝たきり)状態ですが、どういう与え方が良いですか?
直接口に含ませて与えます。
・ペースト状の流動食に混ぜる。
・スポイトやストロー・スプーンで少量ずつ口に含ませてあげる。スポイトが見えると嫌がるので、
 見えないように目を覆って頭や口周りをマッサージしながら与える方が良いという飼い主様もいます。
・口の粘膜に付けてあげる。指につけて舐めさせたり、ガーゼに湿らせて口に入れる。(上記の図も参考)
 口の奥まで入れなくても、手前の歯茎と唇の間を湿らすだけでも結構です。
1日の目安量を与えられなくても、毎日口に含ませて与えることが大切になります。
自力で飲食ができない場合(寝たきりの場合など)でも、成分が素早く浸透して、
吸収される様に製造しています。高吸収率なので、少量ずつでも毎日続けることで
免疫細胞に素早く働きかけ続けることが可能になります。
   
に敏感な子なので何か良い与え方はないですか?どんな物に混ぜたら良いですか?
色々な食べ物や飲み物に混ぜて与えられるので、ご参考にしてください。
どんなペットにも与えやすい様にほぼ無味無臭で製造していますので
様々な食事や飲料に混ぜても、素材の味をほとんど変えることなく与える事ができます。
下記に食欲が低下した場合にも役立つ、食事例を記載しています。
基本的に食感の変化を嫌う場合は、食感を変えずに風味を変える為には、
主食+トッピング+サプリメントをよく絡めて与えます。
食事は温めた方が匂いが強まるので、加熱出来るものは人肌程度に温めます。
逆に強い匂いを嫌う場合は体調不良の可能性もあります。
塩分は腎臓に負担がかかるので人用の加工品等は与えない様にしましょう。







      
1回で与える方が良いですか?それとも分けて与える方が良いですか?
良い経過報告を頂いた時の与え方を比べると、1回で与えても数回に分けて与えても
変わりはありません。直接スポイトで与える行為を嫌がる場合は出来る限り1回の方が
ストレスが無くてすみます。また食事を1日2回食べる場合は2回に分けて与えても結構です。
飼い主様とペットの生活のスタイルに合わせて与えてください。
  
に混ぜた場合と、直接スポイトで与えた時の作用は変わりますか?
10tを混ぜたお水を全部飲みきると、直接スポイトで10t与えた摂取量と
同じになりますので作用は変わりません。与える時間帯は吸収率のより高まる
空腹時をお勧めしていますので、直接スポイトで与える時はなるべく食前に与えます。
お水を自ら欲して飲む時も、体が水分を吸収しようとしているタイミングなので
どちらでも結構です。
      
ぜた時の水は、どれ位そのまま変えずに飲めますか?水を残してしまいます。
エキスを混ぜたお水が残ってしまっても、1日1回は必ず交換する様にしてください。
これはエキスを混ぜている・混ぜていないに関わらず、衛生面を考慮して
交換する事をお勧めします。特に梅雨から夏にかけてはお水だけでも傷みやすいので、
直射日光の当たる所には水皿や餌皿を置かない様にしましょう。
混ぜる時には、残さない程度のお水やご飯を把握する事が必要になりますが、
体調によって飲む水の量や、ご飯の量が変わる事は良くあることです。
その時は、出来る限り「飲食に興味を持たす」ことを心がけてください。上記のトッピングの例
にも記載のように、食べ物の匂いや風味を生かしたり、水分補給なら水に何かを浮かべてみたり、
飼い主様の目の届く範囲で挑戦してください。病中の食欲減退等は、飼い主様も不安で
毎日・毎度のことで大変だと思う時もあると思いますが、その時その時めいいっぱい楽しんで
接してあげるようにしましょう。

※商品付属のスポイトは頭の部分がジャバラになっていますので、洗剤で洗った時に万が一、
  すすぎ残しがあるといけませんので、スポイトや計量カップはその都度水洗いし、
  乾燥させて使用する方が安心です。







      
や他のサプリと併用しても良いですか?副作用は?
無添加サプリメントなので副作用の心配が無く、薬や他のサプリと併用が可能です。
多くのペットが治療中による投薬等(抗癌剤やステロイド・点滴等)と併用しています。
獣医さんからも飲み合わせが悪い薬等の報告はありませんので安心して与えられますが、
ご心配な場合は、かかりつけ先生に相談してから与える事をお勧めします。
腎疾患の為の活性炭の吸着剤(ネフガード・コルバジンなど)は、同じ時間に一緒に
与えると、成分が吸収できずに排出される場合も考えられますので、
出来れば30分前後時間をあけるようにお勧めしています。
  
頭飼いなので、病気の子だけでなく健康な子も飲んでいますが大丈夫ですか?
健康維持や病気予防の為にも与えることが出来ますので大丈夫です。
生後間もない頃から与え始め、現在は老犬や老猫になっているペットも多くいます。
特に症状が無い場合の目安量は、0.5t〜5tです。超小型動物の
ハムスターやインコ・フェレット等にサプリメントを与える時は最少量から与えます。
犬や猫では3〜5tが健康維持の目安量です。
多頭飼いで適量のフードをあげる場合は、餌皿は1匹ずつ用意し、それぞれ別の
場所で食べさせる。可能なら食事の時だけゲージに入れるという方法もあります。
多頭飼いではそれぞれのウンチやオシッコの様子を観察しにくいため、それぞれの食欲や
摂取量を把握することは健康管理上とても大切です。
      
が体に良いのですか?続けた方が良いですか?
主成分はβ-Dグルカンです。医薬品ではありません。
β-Dグルカンは、体の免疫バランスを整える作用です。
免疫平衡化作用と呼ばれるべき作用で、免疫力が弱っている状態に対しては免疫力を強め、
免疫力が過剰に反応している場合には免疫力を抑制するという機能です。
体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、体の状態が一定に保たれる状態を指し、
動物が健康を維持する重要な要素が恒常性と言われ、その状態を維持できるようにサポート
することがサプリメントの役割です。

えば、人や動物の体内では毎日ガン細胞が発生していますが、
それらを免疫細胞たちが無害化し、異物として排除しています。


免疫が正しいバランスを保ち、維持されているおかげで、
癌やアレルギー、感染症などを患わずに生きられています。
しかし、様々な原因で免疫力のバランスが崩れ、免疫細胞が弱体化すると
癌がどんどん増えたり、逆に免疫抑制細胞が過剰に働き過ぎると
アレルギーを起こしてしまうのです。
腎臓や肝臓などの各臓器の負担も免疫細胞の働きによって大きく左右される為、
免疫力は生きていく上でとても大事な役割を果たしています。

バランスを崩した免疫でも、毎日しっかりサポートすることで復活したり、
活性化するのが身体本来が持っている免疫力のすごいところです。

免疫機能が正常に働くようサポートする為のサプリメントなので、
毎日続けて与えることをお勧めします。




     
い病態でもよくなりますか?
良くなる可能性は高まりますが医薬品ではありませんので個体差があります。
病気は、気付かない間に少しずつ進行しています。
その為、発覚時には病気が治りにくい体質や、慢性化した状態・重い病体の場合が
多くなっているため、ある程度時間がかかる場合もありますが、免疫力が高まると
重い病態でも病気と闘う力に役立ちます。




 
 ペット用サプリメント