犬・猫の乳癌・乳腺腫瘍について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

乳癌・乳腺腫瘍 乳癌・乳腺腫瘍
乳腺腫瘍・乳癌は雌犬の腫瘍として最も一般的な癌腫瘍で雌の全腫瘍の約50%にも相当しています。雌の乳房又はその付近の皮下に様々なしこりが発生し乳腺腫瘍・乳癌は高齢の犬や猫に多く、平均年齢は10〜1 1歳です。犬種による発生率は、プードル・イングリッシュスパニエル・イングリッシュセッター・コッカ-スパニエルで高く、チワワ・ボクサーは低いと言われます。
症状
犬の乳腺部のしこりや大きな固まりが見られたり、皮膚の炎症のようにみえるというのが乳腺腫瘍・乳癌の代表的な症状です。悪性の乳腺腫瘍や乳癌は早期発見が大切で、肺などに転移する事が多いため致命的になる事もあります。
原因
エストロゲンという卵巣から出るホルモンに依存し、乳腺腫瘍・乳癌の発生率は発情期以前に避妊した雌犬では約0.5%、1回目の発情期で避妊した場合は約0.8%、2回目以降に避妊した場合は約26%の乳がん発症率になります。早くから避妊手術をした雌犬には乳腺腫瘍の発生が少ないと言われます。
治療法等
乳腺の触診を主に行い、超音波検査やCT 検査も行う事もある様です。乳癌の治療は腫瘍が小さい時に摘出手術をすることが原則となり、組織検査を行い良性腫瘍なら観察し、悪性であれば腫瘍細胞が残っていないか検査し、残っていた場合は再手術、化学療法、放射線治療等を行う様です。転移のない初期の乳がんであれば、個体により異なりますが根治も可能と言われています。初潮前に避妊手術を行う事で乳腺腫瘍の発生率が下がるという報告もあるようですが、初潮前の避妊は成長後のホルモンバランスに悪影響を与えるという報告も挙げられています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ