犬や猫の血管肉腫で脾臓に癌や心臓に癌の呼吸困難や嘔吐などにペット用サプリメントをご紹介


血管肉腫

血管肉腫 血管の内皮細胞より発生する悪性腫瘍で悪性血管内皮腫とも言われます。
肉腫として発生するだけではなく、血管腫の悪性化としても血管肉腫は発生します。
血管肉腫の好発部位は内臓(脾臓・心臓等)と皮下組織と言われていますが、
血管が存在する全身の組織(骨・中枢神経・鼻腔・口腔・膀胱等)にも血管肉腫が
発生します。短毛で皮膚組織のない犬種の腹側腹部や陰嚢の皮膚に高頻度に
血管肉腫が発生するようです。ダルメシアン・ビーグルなどの犬は血管肉腫の
皮膚発生リスクが高いと言われています。
症状 血管肉腫の犬や猫の腫瘍転移は急速で血行を介して肺・肝臓・心臓
・大網膜・筋肉・脳などへ転移します。
原因 皮膚及び皮下組織にみられる血管肉腫は、発生原因として長期間又は、
強い太陽光線を浴びる事等が挙げられています。
治療法等 詳しい一般身体検査・レントゲン検査・血液検査・超音波検査・組織病理学検査等
が行われる様です。血管肉腫の治療法は外科的切除が一般的で術後、抗癌剤に
よる内科療法や免疫療法などを併用する様です。血管肉腫の切除手術が可能な
場合、肉腫の完治率は高いと言われますが、発生時期や部位・期間等により
予後や余命は様々でほとんどは発見された時点で他の臓器に血管肉腫が転移
していることが多い様です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法