犬・猫の血管肉腫について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

血管肉腫 血管肉腫
血管の内皮細胞より発生する悪性腫瘍で悪性血管内皮腫とも言われます。肉腫として発生するだけではなく、血管腫の悪性化としても血管肉腫は発生します。血管肉腫の好発部位は内臓(脾臓・心臓等)と皮下組織と言われていますが、血管が存在する全身の組織(骨・中枢神経・鼻腔・口腔・膀胱等)にも血管肉腫が発生します。短毛で皮膚組織のない犬種の腹側腹部や陰嚢の皮膚に高頻度に血管肉腫が発生するようです。ダルメシアン・ビーグルなどの犬は血管肉腫の皮膚発生リスクが高いと言われています。
症状
血管肉腫の犬や猫の腫瘍転移は急速で血行を介して肺・肝臓・心臓・大網膜・筋肉・脳などへ転移します。
原因
皮膚及び皮下組織にみられる血管肉腫は、発生原因として長期間又は、強い太陽光線を浴びる事等が挙げられています。
治療法等
詳しい一般身体検査・レントゲン検査・血液検査・超音波検査・組織病理学検査等が行われる様です。血管肉腫の治療法は外科的切除が一般的で術後、抗癌剤に
よる内科療法や免疫療法などを併用する様です。血管肉腫の切除手術が可能な場合、肉腫の完治率は高いと言われますが、発生時期や部位・期間等により予後や余命は様々でほとんどは発見された時点で他の臓器に血管肉腫が転移していることが多い様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ