犬・猫の脂漏症について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

脂漏症 脂漏症
脂漏症は、全身の皮脂腺による皮脂異常の事を言います。脂漏症になると細菌による皮膚炎を起こしやすくなります。外耳炎も脂漏症の症状の1つとも言われます。又脂漏症は膿皮症になる事もあるようです。
症状
脂漏症の症状は皮膚がべとつく(湿性)とかさつく(乾性)に分かれ、脂漏臭と言う強い臭いがあります。強い痒みもあり脱毛も広がっていきます。乾性の脂漏症の場合は、皮膚が乾燥しフケが出る事もあります。
原因
内分泌障害・アレルギー・寄生虫・菌・栄養不足(ビタミン・ミネラル・脂質等)・遺伝等が脂漏症の原因として挙げられています。
治療法等
脂漏症は肥満が多いので食事療法は重要で栄養バランスに注意し、規則正しい生活が必要になります。特別な検査方法は無いと言われ、抗脂漏シャンプー必須脂肪酸、ビタミン剤等が油性か乾性によって使用され、皮膚の炎症、痒みがひどい時は、それに対する対症療法で治療を行う様です。遺伝的要因が示唆され脂漏症の治る完治率が低いため、治療というよりは症状のコントロールが行われます。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ