犬や猫の扁平上皮癌での嘔吐や呼吸困難などにペット用サプリメントをご紹介


扁平上皮癌

扁平上皮癌 扁平上皮癌は皮膚や粘膜をつくる扁平上皮細胞から発生する悪性の腫瘍です。
扁平上皮癌は口腔・爪下周囲・陰嚢皮膚・鼻・四肢・肛門などによく発症します。
体幹や腹部の色素のない部分か色素の薄い皮膚部分に発生するようです。
扁平上皮癌発生には性別差はありません。
症状 扁平上皮癌は局所での浸潤性は強いために広範にわたる切除が必要となります
が、爪床から発生したものを除いては、肺等への遠方転移は比較的少ないと
言われています。
原因 扁平上皮癌は太陽光線による障害・光線性角化症発癌の前駆症状
慢性の炎症が腫瘍化する事等が挙げられています。
治療法等 一般身体検査・血液検査・生検検査等で詳しい病理組織検査を行う様です。
扁平上皮癌の治療は広範な摘出手術や化学療法、放射線療法・免疫療法や
ホルモン療法などを併用し治療を行う様です。普段からよく観察し、早期発見と
早期治療が大切で免疫力を高めておくことが大切です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法