犬・猫の肛門周囲腺腫について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

肛門周囲腺腫 肛門周囲腺腫
肛門周囲腺は皮脂腺の変化したものです。犬の肛門の周囲には3種の特殊に分化した腺があり、その中で最も重要なものが、一般に皮脂腺が変化したと言われる肛門周囲腺です。肛門周囲腺から発生する肛門周囲腺腫の癌・腫瘍は犬の腫瘍の中で非常に頻度の高い腫瘍の一つで、高齢の去勢していない雄の犬に多く見られ、雌はごくまれに発生する様です。雄の肛門周囲腺腫の多くは良性で、雌は悪性の肛門周囲腺癌がほとんどです。
症状
肛門周囲腺腫の症状は、化膿・出血・膨らみ等が見られます。又、進行した状態になると、排便異常(便が出にくい便が変形)もあるために地面におしりをこすりつけたり肛門を舐めたりします。
原因
肛門周囲腺腫の原因は雄性ホルモンが関与しているため、去勢した後の肛門周囲腺腫の発生率は低く、逆に性ホルモンが多量に分泌される 副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)では、雌でも肛門周囲腺癌の腫瘍が発生することがあります。
治療法等
詳しい触診・レントゲン検査・血液検査・尿検査・超音波検査・組織病理検査等が行われる様です。肛門周囲腺腫の治療は摘出手術と去勢手術が主に行われ、場合によっては、化学療法や放射線療法により腫瘍を小さくしてから手術を行うことがある様です。良性の肛門周囲腺腫でも悪性の肛門周囲腺癌に変化することが多いと言われています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ