犬や猫の白血病や白血病の貧血症状や薬の副作用緩和にペット用サプリメントをご紹介


白血病

白血病 白血病は細胞の起源により骨髄性白血病・単球性白血病・リンパ性白血病
・赤白血病骨髄巨核球性白血病・形質細胞性白血病などに分けられます。
さらに病型は急性型と慢性型に分けられます。

犬 病気 肥満細胞性白血病 肥満細胞性白血病
肥満細胞腫のうち肥満細胞が末梢血中に多くみられた場合に肥満細胞性白血病
と呼ばれます。明らかな皮膚病変がみられ、末梢血中に肥満細胞がみられる
ものは肥満細胞血症と呼ばれます。肥満細胞症は犬より猫でよくみられ、
内臓型、特に脾臓の肥満細胞腫瘍で認められる肥満細胞血症と同じものを
あらわしていると言われています。

犬 病気 骨髄性白血病 骨髄性白血病
骨髄性白血病には急性骨髄性白血病・慢性骨髄性白血病や好酸球性白血病、
好中球性白血病などが挙げられます。急性骨髄性白血病は骨髄・単球・赤芽球系
の未成熟な幼若細胞が腫瘍性増殖するという症状を言います。
それ以降成熟が停止し、白血病裂孔がみられます。

犬 病気 リンパ性白血病 リンパ性白血病
リンパ性白血病には急性リンパ芽球性白血病・前リンパ性白血病
・慢性リンパ性白血病などがあります。慢性リンパ性白血病は成熟リンパ球が末梢
に多数出現するもので、通常無症状のことが多いが血症を伴うこともあるようです。
症状 白血病の嘔吐や熱・食欲不振等も見られ、その他様々な症状が
引き起こされます。
原因 急性白血病は未分化な白血球が腫瘍性に増殖したもので、慢性白血病は
成熟した白血球が腫瘍性に増殖したものです。
治療法等 レントゲン検査・血液の病理検査など詳しい検査が行われる様です。慢性白血病
は進行がかなり遅く、治療も緩やかですが、急性白血病の治療は、進行が極めて
早く制ガン剤が有効でない場合がある様です。制癌剤等の投与や点滴など病気の
種類や症状に合わせて治療を行い、薬の補助として免疫活性の役割があるもの
が使用される事もある様です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法