犬・猫の可移植性性器肉腫について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

可移植性性器肉腫 可移植性性器肉腫
可移植性性器肉腫は種類・年齢・性別などに関係なく発生がみられます。しかし雌より雄の方が多い様です。
症状
可移植性性器肉腫は外陰部や陰茎に潰瘍性腫瘤が形成され、又生殖器以外にも臭いを嗅いだり舐めたりする事から口腔、口唇、鼻腔などにも可移植性器肉腫が発生することがあります。細菌の二次感染を起こしていると、深部の粘膜が侵され赤色系の漿液血液性の分泌物を生じたり、外性器から悪臭を帯びたり等します。可移植性性器肉腫の腫瘍転移の可能性はまれと言われています。
原因
可移植性器肉腫の原因は交尾・舐める・咬む・掻くなどによる直接的な接触によって腫瘍を持った動物から腫瘍細胞が小さな傷より侵入し伝播します。この為、野良犬や野良猫の多い地域や繁殖管理の行き届いていない場所で可移植性器肉腫は頻繁に発生が見られます。
治療法等
可移植性器肉腫の治療は外科的療法、放射線療法、化学療法など行われます。外科的療法は小さな腫瘍の場合効果的な治療で、大きかったり多発した腫瘍の場合、腫瘍が再発する可能性が高く、また放射線療法は高い治癒効果がある様ですが、費用が高い為、化学療法が主な治療法になっている様です。去勢や避妊を行い、交尾行為をさせない事が予防です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ