犬や猫の可移植性器肉腫の性器や口腔や鼻腔の腫瘍やにペット用サプリメントをご紹介


可移植性性器肉腫

可移植性
性器肉腫
可移植性性器肉腫は種類・年齢・性別などに関係なく発生がみられます。
しかし雌より雄の方が多い様です。
症状 可移植性性器肉腫は外陰部や陰茎に潰瘍性腫瘤が形成され、又生殖器以外
にも臭いを嗅いだり舐めたりする事から口腔、口唇、鼻腔などにも可移植性器
肉腫が発生することがあります。細菌の二次感染を起こしていると、深部の粘膜が
侵され赤色系の漿液血液性の分泌物を生じたり、外性器から悪臭を帯びたり等
します。可移植性性器肉腫の腫瘍転移の可能性はまれと言われています。
原因 可移植性器肉腫の原因は交尾・舐める・咬む・掻くなどによる直接的な接触に
よって腫瘍を持った動物から腫瘍細胞が小さな傷より侵入し伝播します。
この為、野良犬や野良猫の多い地域や繁殖管理の行き届いていない場所で
可移植性器肉腫は頻繁に発生が見られます。
治療法等 可移植性器肉腫の治療は外科的療法、放射線療法、化学療法など行われます。
外科的療法は小さな腫瘍の場合効果的な治療で、大きかったり多発した腫瘍の
場合、腫瘍が再発する可能性が高く、また放射線療法は高い治癒効果がある様
ですが、費用が高い為、化学療法が主な治療法になっている様です。
去勢や避妊を行い、交尾行為をさせない事が予防です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法