猫の猫伝染性腸炎 FPLVで下痢や血便・嘔吐の症状にペット用サプリメントをご紹介


猫伝染性腸炎 FPLV

猫伝染性腸炎
FPLV
猫汎白血球減少症とも言います。重い伝染症で、体力低下や、抵抗力の弱い子猫
・年老いた猫等が感染すると致命的になる病気です。
症状 猫の猫伝染性腸炎 FPLVは軽症であれば下痢・嘔吐がみられ、重症になると
発熱・血便や食欲不振からの脱水症状をおこします。猫伝染性腸炎の発見や
治療が遅れた場合はショック症状を起こすことがあります。
原因 猫の猫伝染性腸炎 FPLVの原因は、猫汎白血減少症ウィルスに感染している
猫との接触(便・尿・唾液)が主な原因と言われています。
治療法等 猫伝染性腸炎 FPLVの治療は、症状に合わせて点滴・輸液・抗生物質の投与や
抗ウイルス薬のインターフェロンを使い治療などが行われる様です。普段から
抵抗力や免疫力を高めておくことが大切です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法