犬・猫の伝染性腹膜炎・FIPについて

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

伝染性腹膜炎・FIP 伝染性腹膜炎・FIP
猫伝染性腹膜炎 FIPは乾性型と湿性型がある伝染症です。症状が複雑な為治療が困難な病気の一つと言われています。
症状
猫伝染性腹膜炎 FIPウィルスに感染してから発症するまでの期間が一定していません。伝染性腹膜炎FIPの主な症状は、お腹が異常に膨らむということです。乾性型は目のにごり・出血・食欲不振による体重の減少がみられ、湿性型は、腹部の異常な膨張と、呼吸困難・食欲不振による体重の減少が見られます。
原因
猫伝染性腹膜炎ウィルスに感染している猫との接触(ケンカ・便・尿・唾液)や、餌皿などの容器からの経口感染が原因と言われています。
治療法等
FIP 猫伝染性腹膜炎の治療は症状に合わせ抗生物質・抗炎症剤・インターフェロン・副腎皮質ステロイド薬等を投与し、犬や猫に腹水や胸水がたまっている場合は注射針で吸引除去する等の治療が行われる様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ