猫の猫伝染性腹膜炎 FIPで食欲不振や嘔吐・下痢・貧血などにペット用サプリメントをご紹介


猫伝染性腹膜炎 FIP

伝染性腹膜炎
FIP
猫伝染性腹膜炎 FIPは乾性型と湿性型がある伝染症です。症状が複雑な為
治療が困難な病気の一つと言われています。
症状 猫伝染性腹膜炎 FIPウィルスに感染してから発症するまでの期間が一定して
いません。伝染性腹膜炎FIPの主な症状は、お腹が異常に膨らむということです。
乾性型は目のにごり・出血・食欲不振による体重の減少がみられ、湿性型は、
腹部の異常な膨張と、呼吸困難・食欲不振による体重の減少が見られます。
原因 猫伝染性腹膜炎ウィルスに感染している猫との接触(ケンカ・便・尿・唾液)や、
餌皿などの容器からの経口感染が原因と言われています。
治療法等 FIP 猫伝染性腹膜炎の治療は症状に合わせ抗生物質・抗炎症剤・インターフェロン
・副腎皮質ステロイド薬等を投与し、犬や猫に腹水や胸水がたまっている場合は
注射針で吸引除去する等の治療が行われる様です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法