犬・猫の猫エイズについて

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

猫エイズ 猫免疫不全ウィルス感染症・FIV・猫エイズ
エイズウィルスに感染、FIV感染し、猫エイズが発症すると免疫機能が低下し、抵抗力が弱まるという免疫不全の病気です。
症状
猫免疫不全ウィルスに感染してから発症するまでの期間が異なり、数ヵ月後の場合や、数年後の場合などあります。感染後に発熱・リンパの腫れが見られます。徐々に進行が進むと、口内炎・鼻炎・結膜炎・慢性的な下痢・外耳炎・貧血等がおこります。
原因
猫エイズウイルスが主な原因で、既に感染している猫との接触によってうつり発症する事が多い様です。
治療法等
猫免疫不全ウィルス感染症 FIVの治療は抗生物質・抗炎症薬・インターフェロン
等の投与で、初期にはかなり効果はりますが進行すると効果は徐々に薄れる様です。治療は完治を目指すものではなく、薬の投与や免疫療法などを行いながら病状を軽くしたり、痛みを抑えたりして現在の症状に対する治療(対症療法)が行われています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんな時も前向きな気持ちが一番の健康法!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ