犬や猫の猫免疫不全ウィルス感染症 猫エイズ FIVでの口内炎や鼻炎にペット用サプリメントをご紹介


猫免疫不全ウィルス感染症 FIV 猫エイズウィルス

猫免疫不全
ウィルス感染症FIV・猫エイズ
エイズウィルスに感染 FIV感染し、猫エイズが発症すると免疫機能が低下し、
抵抗力が弱まるという免疫不全の病気です。
症状 猫免疫不全ウィルスに感染してから発症するまでの期間が異なり、数ヵ月後の
場合や、数年後の場合などあります。感染後に発熱・リンパの腫れが見られます。
徐々に進行が進むと、口内炎・鼻炎・結膜炎・慢性的な下痢・外耳炎・貧血等
がおこります。
原因 猫エイズウイルスが主な原因で、既に感染している猫との接触に
よってうつり発症する事が多い様です。
治療法等 猫免疫不全ウィルス感染症 FIVの治療は抗生物質・抗炎症薬・インターフェロン
等の投与で、初期にはかなり効果はりますが進行すると効果は徐々に薄れる様
です。治療は完治を目指すものではなく、薬の投与や免疫療法などを行いながら
病状を軽くしたり、痛みを抑えたりして現在の症状に対する治療(対症療法)が
行われています。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法