犬・猫のカリシウィルス感染について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

カリシウィルス感染 カリシウィルス感染・FCV
カリシウィルス感染症・FCVは猫ウィルス性鼻気管炎と似た症状のウィルス感染症です。
症状
カリシウィルス感染後 FCVは、発熱・食欲不振等が見られます。その後発症する症状は、ウィルスの種類によって異なると言われています。
原因
カリシウィルス感染症 FCVの原因はアレルギー物質の吸引・煙・排気ガスやホコリなどが挙げられています。
治療法等
臨床症状より判断し、薬品等の開発で治りやすくなった様ですがそれでも治りにくい病気の一つと言われます。再発したり、持続的に症状をだす猫が多く、完治率は50%と言われています。カリシウィルス感染症はワクチンが予防方法になっていますが、完全に防ぎ切れるず、発症しても軽症ですむという事が多い様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ