犬・猫の角膜炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

角膜炎 角膜炎
角膜炎は角膜が炎症する疾患です。角膜炎は、発症部位や症状によって、色素による角膜炎や潰瘍性角膜炎・その他等に分かれます。
症状
角膜炎の症状はひどい痛みを伴い、擦ったり、触ったりする仕草を頻繁に見られます。涙や目ヤニが出たり、まぶたが腫れる場合があります。
原因
外傷性の角膜炎とそうでない場合や遺伝的要素等が考えられています。外傷性の場合は、ホコリやまつ毛・シャンプー等が眼に入ったり、掻いた際に傷がついた事などが挙げられます。非外傷性の場合は、細菌やウイルスの感染・アレルギー・代謝障害等が挙げられています。
治療法等
白内障の原因があまり明確ではない為に、完全な治療ではなく症状の進行を遅らせたり、症状を緩和させることが重要なようです。一生治療し続けたり、定期的な再検査も重要と言われています。外傷性か否かの原因にもよりますが、点眼薬・眼軟膏による内科療法が中心的です。完治率は非常に低いため普段から免疫力を高めておくことが大切です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ