犬・猫の口内炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

口内炎 口内炎
口内炎は口の中に炎症性のできものが出来ます。口の中の粘膜に白色や赤色の斑点や、ただれや潰瘍が見られます。
症状
口内炎の症状は強い口臭・よだれ・出血・食欲減退等が挙げられます。
原因
口内炎の原因は細菌やカビなどによる感染が見られ、異物が歯に挟まり口の中を刺激しできる場合もあります。また、尿毒症や消化器系の病気等の症状として発症する場合もある様です。猫の口内炎の原因で最も多いのが猫免疫不全ウィルス感染症や猫白血病ウィルス感染症にかかっている為、免疫力が低下し、口内炎を併発する事です。
治療法等
口腔・咽頭の視診と触診(歯肉、舌、舌小帯、硬口蓋、軟口蓋など)を詳細に行うようです。外傷や腫瘍性のものは片側性の場合が多く、歯周疾患によるものでは歯石や歯垢が認められます。この他血液検査や組織学的検査などが有用とされています。口内炎の治療は口の中の洗浄・歯石除去・抗生物質と抗炎症薬などの全身投与や口内炎症の口内塗布剤の局所投与や治療期間中は自傷を避けるためカラーを装着させる事もあるようです。食餌も軟らかい消化の良い食品を
与えます。動物は治療基本の口腔内の清潔を保つことが困難で、自然治療の期待はうすく、口内炎は再発しやすいので、炎症が軽減しても治療を中止せずに、確実に口内炎が治癒するまで継続し治療するようです。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ