犬・猫の歯根吸収について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

歯根吸収 歯根吸収
歯根吸収は歯がとけて、顎に吸収される病気です。半数近くの猫がこの病気の歯を持っていると言われています。
症状
歯の根元が赤く膨らんだり、歯肉から出血が見られます。歯が徐々に小さくなり溶けて無くなる事もあります。
原因
破歯細胞が原因と言われ、歯の根元に働き徐々に溶かしていく事が原因です。
治療法等
歯根吸収の治療は歯肉を切除し、破歯細胞のはたらきを抑えるためにフッ素を塗り、進行した症状の場合は抜歯することもある様です。再発することが多くあるようです。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ