犬・猫の腸の通過障害について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

腸の通過障害 腸の通過障害
腸管は様々な原因により通過障害が起こり、部分的又完全な腸閉塞に進行する事があります。
症状
腸の通過障害は発生原因 により細かく分かれますが、見られる症状は体液・電解質の異常・血行障害を生じ腸管壊死・脱水等その他多く挙げられています。
原因
原因も細かく分かれますが、腸内異物(腸内寄生虫・誤飲した消化不能物質)により閉塞が起こったり、腫瘍や外部からの圧迫・先天性・ヘルニア・ウィルス感染
・薬物等により起こります。異物の誤飲は幼い時に多く見られますが、空腹時・遊戯中の成犬や成猫にも少なからず起こります。小さなボール・布・ヒモ・石・草葉・骨形のチューイングガム・プラスチック製品・大量の腸管内寄生虫・その他消化不能のあらゆる物が、通過障害の原因となります。
治療法等
腸の通過障害はたいていの腸の異物は糞便と排出されますが、一度閉塞を起こすと外科的処置をする場合があります。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ