犬・猫の腹膜炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

腹膜炎 腹膜炎
腹膜炎は腹腔内に生じた炎症で、色々な腹部障害の合併症として発症します。抵抗力や免疫機能の低下により炎症が生じます。
症状
腹膜炎は 充血・浮腫が見られます。、広い範囲の炎症や重度の炎症が起きると多量の腹水が出て、循環血液量が低下しショックを起こすことがあります。腹水とは正確には腹腔内に貯留した液体を腹水と言い、多量の腹水が貯留した状態を腹水症と言います。
原因
消化管など腹腔内臓器の穿孔・破裂・腹部手術後の合併症・外傷・隣接臓器の炎症の影響波及(胆汁・胃液・膵液など刺激物質や細菌の侵入)が挙げられています。
治療法等
腹膜炎の治療は手術で腹腔内を洗浄し、抗生物質による治療を行う様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ