犬・猫の膣炎と陰門炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

膣炎と陰門炎 膣炎と陰門炎
膣の炎症で、膣の奇形(狭窄・膣弁遺残・二重膣・発育不全など)や陰核肥大(半陰陽と考えられ、テストステロンが分泌)
症状
全身症状はあまり無く、頻繁に陰門部を舐める。
そして、陰門からの排泄物や粘膜の充血が見られます。
原因
異物や膣の外傷、又は腫瘍など非感染性でもその刺激により膣炎は続発します。泌尿生殖器疾患からも影響され発症する事もあります。膣炎においては検出された細菌が病原性を発揮しているか否かは不明です。それは正常な動物の膣にも含まれているからです。(ブドウ球菌・レンサ球菌・大腸菌・パスツレラ・プロテウス等が挙げられます)。犬ヘルペスウィルスによる膣炎は、交尾により伝播する事が多く不妊・流産・死産を起こします。膣粘膜に水砲濾胞を形成し病変は発情前期に目立ち、休止期には消退します。
治療法等
膣炎の治療法は確立していませんが小胞性膣炎は原因不明で慢性となり、治療にほとんど反応していません。抗生剤などの薬などで炎症を改善したりします。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ