犬・猫の子宮蓄膿症について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

子宮蓄膿症 子宮蓄膿症
犬猫とも雌で多い成人病に子宮蓄膿症があります。名のとおり子宮の中に膿がたまることですが、場合によっては致命的な病気です。子供を産んでいないのに胸が張る想像妊娠を繰り返していたり、肥満気味の犬は特に子宮蓄膿症が多いようです。
症状
子宮蓄膿症は初めは何となく元気がなかったり、食欲が減るという症状から始まり、多飲多尿・嘔吐・下痢といった症状が見られます。
原因
初めは嚢胞性子宮内膜過形成という状態から始まり、そこに膣に常在する細菌から感染を受け、膿がたまってきます。怖いのはその細菌から出るエンドトキシンという
毒素で、 これらが全身にまわることで症状が悪化します。子宮蓄膿症は特に生理後1〜2ヶ月目に起こりやすいと言われています。子宮蓄膿症の術後ショックを起こし、急性腎不全急性肺水腫になることもあるようです。子宮蓄膿症は腎不全、肝不全、心不全などの合併症がない限り、治癒率は、高いと言われます。
治療法等
一般的には、血液検査と超音波検査・レントゲンなどにより子宮の状態を確認し、子宮及び卵巣の摘出手術を行う様です。子宮蓄膿症の治療は内科療法と外科療法がありますが、内科療法では完治が低く、再発する可能性が高いので外科手術が多く行われている様です。子宮蓄膿症の手術がうまく行き、他の臓器に障害が無い場合は、完治率95%以上と言われます。子宮が破裂して膿がおなかの中にでたような重症例では、危険な場合もあります。早めの避妊(卵巣子宮摘出術)を受けることが子宮蓄膿症の予防法と言われます。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ