犬・猫の前立腺炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

前立腺炎 前立腺炎
前立腺炎は病原体の感染による急性又は慢性の炎症で膿瘍を併発する場合としない場合があります。 嚢胞・腫瘍・扁平上皮化生のような前立腺の疾患があると前立腺は感染しやすくなるのでこれらの併発症であることも多い様です。
症状
急性前立腺炎は前立腺の急性炎症で重度の症状がみられます。一方、慢性前立腺炎は急性前立腺炎に続発することもありますが、無症候性で再発性の膀胱炎や尿道炎を詳しく調べる事で見つかる事もあります。前立腺炎では血尿が続いたり排尿困難などがみられます。
原因
病原体が原因で感染は通常、尿道からの上行感染で、血行感染や膀胱内の尿や精液からの感染もあります。感染菌としては大腸菌・スタフィロコッカス・プロテウス・シュードモナス等挙げられます。真菌やマイコプラズマによる感染報告もあります。
治療法等
前立腺から液を採取し、細菌感染と炎症について詳しく調べ、さらにレントゲンやエコー検査で腫れた前立腺を診断する様です。前立腺炎の治療は中に膿がたまったような袋がみられた場合には前立腺膿瘍が疑われ、その他癌や良性の過形成も考えられるので、尿の検査や、生検などで確認する様です。細菌が原因の前立腺炎は抗生物質で治療を行い、膿瘍を作っている場合は投与した抗生物質が作用しにくいと言われ手術が行われる事もある様です。再発しやすい生殖器の病気と考えられています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ