犬・猫の膀胱炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

膀胱炎 膀胱炎
膀胱炎は尿の流れとは逆の方向に細菌が侵入し、
膀胱で炎症を起こす事を言います。
症状
膀胱炎の症状は血尿・悪臭尿・排尿時の痛み・残尿感・飲水の増加・濁った濃い色の尿・少量頻回排尿・排尿時の終わりに血尿が見られる・白っぽく濁った尿が挙げられます。
原因
まれに腎臓の感染、直接血液からの感染、前立腺の炎症が原因の場合があります。膀胱結石は慢性膀胱炎の原因にもなります。特徴として雄より雌の方が膀胱炎を起こしやすいと言われています。犬の膀胱炎は、細菌感染に
よって起こることが多いのですが、猫ではウィルスやその他の原因によるものもあります。膀胱炎の原因は、感染による一次性と、尿石や腫瘍等の形態的変状による二次性のものに分けられます。
治療法等
詳しい検査を行い、細菌の種類を調べる為に、尿を培養して細菌を分離する事もある様です。膀胱炎の治療は主に抗生物質や合成抗菌剤を投与して治療を行う様です。膀胱炎の治療は数週間から数カ月の長期間行わないと、血尿が続いたりすぐに再発することも多いと言われています。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ