犬・猫の感染性心内膜炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

感染性心内膜炎 感染性心内膜炎
心内膜炎は弁および心臓の内面を覆っている心内膜に感染が起こり、主に大動脈弁と僧帽弁が侵される心臓病です。
症状
心内膜炎の症状は不整脈を引き起こします。心臓以外では疫状病変から細菌を含んだ血栓剥がれ落ち、全身性の塞栓症・梗塞および転移性の感染症を引き起こします。原因
菌が一般的で、その他の細菌も原因菌になります。
治療法等
X線検査・心超音波検査・心電図・血液検査など詳しい検査が行われる様です。心内膜炎の治療は抗生物質の投与が中心になり、細菌を排除する為に長期間の治療が必要と言われます。不整脈や心不全が見られたときにはその治療を行います。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ