犬・猫の顔面神経麻痺について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

顔面神経麻痺 顔面神経麻痺
片側又は両側の顔面神経・顔面筋の麻痺の事。急性発症の特発性顔面神経麻痺は、長毛種に高い発生率が見られる様です。
症状
顔面神経麻痺の症状は、よだれ、顔の引き攣り等。約1〜2ヶ月で回復する事が多いですが、それ以上経過しても治らない場合は、治らない場合もあります。
原因
原因不明、他の原因として挙げられているのは、外傷・中耳炎・内耳炎・腫瘍があります。その他薬物・鉛中毒も原因となる事があり、内分泌障害(甲状腺機能低下症・副腎皮質機能亢進症・糖尿病等)の原因も見られる様です。
治療法等
レントゲン検査や血液検査など詳しい検査を行い、内科療法を行う様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ