犬・猫の関節炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

関節炎 関節炎
骨関節炎は主に運動範囲の広い関節に関節軟骨が変性性変化に陥るために発生する関節の病気です。原発性又は二次性骨関節炎に分類されます。
症状
骨唇形成や関節軟骨の消失・軟骨下の骨硬化・関節腔の狭小化等があります。軟骨の弾力性が失われ、そこに刺激が加わると軟骨表面に亀裂が生じ、細胞が障害を受け、軟骨細胞の障害・壊死や滑膜炎・包膜炎を引き起こす事もあります。様々な原因で悪循環を招き、関節炎が悪化し進行していくと言われます。

●原発性骨関節炎(特発性骨関節炎)
老齢になって発生し、主に体重を支える関節に徐々に炎症が進行します。
●二次性骨関節炎
原因があり、それによって関節の障害や変形が発生します。
原因
※ 原発性骨関節炎(特発性骨関節炎)・・不明です。
※ 二次性骨関節炎・・外傷・関節内骨折による関節面の不一致・靭帯や関節包・半月等の損傷・炎症性疾患・感染性関節炎(細菌・ウィルス)・免疫介在性関節炎
・先天性・発育性疾患(発育不全)股形成不全・骨軟骨症等が原因で発症すると言われています。
治療法等
関節炎の治療は症状に合った鎮痛剤の注射や内服薬治療やレーザー治療が行われますが、痛みを抑える目的で根本的な治療では無いようです。体重が増えたり、激しい運動は関節に負担がかかるので注意が必要の様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ