犬・猫の椎間板ヘルニアについて

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

椎間板ヘルニア 椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアは椎間板の変形や加齢で骨が弱くなり脊髄が圧迫され引き起こされる様々な脊髄障害が起こる疾患です。椎間板の変形は2つのタイプがあり、1つは髄核の軟骨組織によると言われます。軟骨形成異常犬種は遺伝的で若い時期に発症し、最終的に髄核の石灰化が起こる場合もあります。犬種にはダックスフント・ペキニーズ・ビーグル・フレンチブルドッグ・ウェルシュコーギーなどが挙げられています。もう1つは椎間板の線維様変性で、上記で挙げた犬種以外の全犬種に5歳頃から生じ除々に進行するものです。
症状
椎間板ヘルニアの症状は腰がふらつく・歩き方がおかしい等の運動障害・排尿や排便障害・後半身の麻痺等も起きる場合があります。
原因
過激な運動により脊髄に負担が加わったり、加齢で骨が弱くなってくると、椎間板が変形して脊髄を圧迫しする事により神経に異常が起こります。
治療法等
詳しいレントゲン検査を行う様です。軽症の場合は副腎皮質ホルモン薬・抗炎症薬を投与し、重症の場合は変形した骨部分の除去手術を行うほか、ビタミン剤の投与による対症療法、温熱療法やマッサージなどを行う治療が行われているようです。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ