犬・猫の筋炎について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

筋炎 筋炎
●特発性筋炎(萎縮性筋炎)
咬筋・側頭筋・翼突筋が炎症性疾患で萎縮を特徴とする病気です。シェパードに発生が多くみられるといわれましたが、最近では小型種にも発生がみられる様になりました。
●多発性筋炎
全身性炎症性筋炎は、骨格筋の障害による脱力・運動不耐性・硬直などを起こし急性又慢性の発現がみられます。
症状
四肢の筋肉にも病変がみられる様です。
原因
筋炎の明確な原因は不明ですが免疫介在性の病因(自己免疫性疾患)や、ある種のウィルスのによる二次感染とも言われています。
治療法等
詳しい検査を行い、症状に合った鎮痛剤の注射や内服薬治療が行われる様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ