犬・猫の副腎皮質機能低下症について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

副腎皮質機能低下症 副腎皮質機能低下症
副腎皮質ホルモンの分泌が必要以上に減少・不足した症状です。自発性副腎皮質機能低下症は若い犬から中年層の雌への発症が見られます。
症状
副腎皮質機能低下症は食欲や元気がなくなる・嘔吐・下痢・体重減少・脱水・腹痛症状がみられます。
原因
ホルモン不足・極度のストレス・感染症や血管疾患で副腎皮脂機能低下症が起こる場合があります。
治療法等
一般身体検査・血液検査・特に確定診断に副腎皮質の機能検査等詳しい検査を行う様です。副腎皮質機能低下症は完治する可能性は難しいと言われ、副腎皮質ホルモンをずっと投与し内科療法で症状をコントロールする様ですが、投与量、投与時期に関する問題も多い様です。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ