犬・猫の糖尿病について

下記の記載内容については、辞書として参考にご覧ください。
気になる様子がある場合は必ず、専門医で診察をおこないましょう。

糖尿病 糖尿病
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが不足するか、インスリンの作用が損なわれる事により起こる代謝性疾患が糖尿病です。犬の糖尿病も猫の糖尿病もみられます。
症状
飲水の増加・多尿・食欲旺盛なのに体重減少・肥満・倦怠感がおもな症状です。糖尿病の恐ろしい事は合併症が起こる場合がある事です。神経症・腎症・網膜症・白内障のほかに動脈硬化・心臓疾患・尿路障害等が挙げられています。
原因
飼い主の生活習慣(食物の内容・量・運動量)が飼い猫を糖尿病へと導いているケースが多い様です。又遺伝的な体質や肥満、妊娠、膵臓疾患、神経系の失調、薬物等によっても糖尿病は起こると言われます。
治療法等
糖尿病の治療はミネラル分を調整するための輸液・インスリンの投与・食事制限などで治療を行う様です。合併症を併発しないためにも、普段から食事や運動・薬の投与等を気をつけて行い、糖尿病による合併症の予防や体調管理により免疫機能が正常に働くようにする必要があります。

※参考としてご覧ください。かかりつけ獣医さん指導のもと、飼い主様が
納得のいく治療法を選択してあげ前向きに接することが一番大事です。
其々気になる事がある場合は早めに診察してください。

どんなお悩みでも前向きに!

愛犬や愛猫の健康を維持し、長生きを願って。
年齢や齢や体重等関わらず与えられるサプリメントを紹介。
アガペットゴールド

ページの先頭へ