犬や猫の栄養性疾患にペット用サプリメントをご紹介


栄養性疾患 (肥満症 くる病 上皮小体異常 黄色脂肪症)

栄養性疾患  肥満症
肥満とは体脂肪が異常に増加した状態を言います。
重度の肥満症のなると心臓に負担がかかり、心臓病になったり、又膝などに
負担がかかる為、炎症が起きたりします。肥満の原因は消費エネルギーを超えて
過食させた為(過剰栄養)です。循環器を始めとして各臓器に障害を与える原因と
なる事もあるので注意が必要と言われます。ホルモンバランスの乱れや糖尿病
などもあげられます。

 くる病
骨が成長せず、関節の軟骨が繁殖する病気です。関節部が膨らんで手足・胸
等の変形が見られます。カルシウム・ビタミンDの欠乏と、リンの過剰摂取が原因
と言われています。薬物投与や食餌の改善、日光浴が出来るよう生活環境を
改善する治療法が行われています。

 上皮小体異常
骨が変形したり、骨折しやすくなる病気です。発熱・食欲不振・排尿や排便異常
・体の柔軟性がなくなり歩行困難が起こります。カルシウム・ビタミンD不足や
リンの過剰摂取が原因と言われています。

 黄色脂肪症
猫の脂肪が酸化・変性・炎症を起こす病気です。毛が脂っぽくなり毛ツヤが悪く
なります。脂肪組織で炎症が起こると脂肪の塊があちこちに出てきます。発熱
・食欲不振等もおこります。青身魚等に含まれる不飽和脂肪酸を過剰に摂取した
事が原因と言われています。炎症部位には炎症剤などを使用し、食餌を改める
治療法が行われている様ですが、回復までに時間がかかり、時には治療に
対する反応が全く見られず、徐々に衰弱して死亡したり、突然死が起こる
場合もあるようです。
治療法等 免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法