犬や猫の肝臓癌や肝細胞癌・胆管癌にペット用サプリメントをご紹介


肝臓癌 胆管癌 肝細胞癌

肝臓癌
肝細胞癌
胆管癌
犬と猫の肝臓に発生する癌には、原発性の肝臓癌と転移性の肝臓癌があります。
犬や猫の原発肝臓癌は、比較的高齢の動物にまれに発生します。犬では
肝細胞癌、猫では胆管癌が多くみられますが、そのほかにも、肝カルチノイドや
血管肉腫、平滑筋肉腫、線維肉腫などの腫瘍が認められることがあります。
一方、転移性肝臓癌は、リンパ腫や肥満細胞腫、膵臓癌などの悪性腫瘍に
伴ってしばしば発生します。
症状 良性の原発性腫瘍は、かなり進行するまでほとんど無症状です。初期には
症状が現れにくく、肝機能障害の徴候が認められることもまれです。腫瘍が
進行すると、食欲不振や元気消失、体重減少、嘔吐、腹部膨満、腹腔内出血
などがみられるようになりますが、一様ではありません。一方、悪性の原発性
原見腫瘍では、肝破壊による機能異常として出血傾向を示したり、低血糖症を
起こします。
治療法等 肝臓癌の治療は、手術による病巣の切除を行います。転移癌や完全切除が
困難なものに対しては、化学療法も併用しますが、余命や予後は不良です。
免疫力が低下すると病気を引き起こすだけでなく、自然治癒力も下がり病気が
治りにくい体質になります。予防・改善には、発症原因をできるだけ排除する事、
根本的な体質改善と免疫力を高めることが大切です。
当社ペット専用、免疫活性エキスのサプリメントは、免疫力を向上・強化し、
細胞が正常に働く様に作用しますので、この様なペットの病気にお勧めします。
診断 肝臓癌の診断はX線検査や超音波検査、CT検査などによって診断しますが、
確定診断のためには開腹や腹腔鏡検査、肝生検が必要です。



お問合せ・ご注文はこちら    


HOME製品案内お買物方法飼い主様のお声よくある質問免疫力の必要性会社・特商法